全国大学生活協同組合連合会(大学生協)では、月に1回、全国10の大学生協の書籍部の本の売り上げベスト10「Book Best 10」を紹介しています。現在、2015年9月分のランキングが公開されています。

 「Book Best 10」を公開しているのは、北海道大学、東北大学、東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学、名古屋大学、京都大学、同志社大学、大阪大学、九州大学、以上10の大学の生協書籍部です。

 各大学の本の売れ上げ第1位は、東京大学生協本郷書籍部、京都大学生協ショップルネ書籍コーナー、同志社生協良心館ブック&ショップは「職業としての小説家/村上春樹」、北海道大学生協書籍部クラーク店は「北海道大学病院のおいしい健康ごはん/北海道大学病院」、東北大学生協文系書籍店は「東北の中世史 2/柳原敏昭」、早稲田大学生協コーププラザブックセンターは「会社四季報業界地図2016年版」、慶応義塾生協日吉書籍・パソコンフロアは「伊藤真が選んだ短答式一問一答1000刑法/伊藤真」、名古屋大学生協ブックスフロンテは「新約とある魔術の禁書目録13/鎌池和馬※8月のデータ」、大阪大学生協豊中店書籍は「弔いの文化史/川村邦光 」、九州大学生協文系書籍は「宇沢弘文のメッセージ/大塚信一」という結果になりました。

また、「Book Best 10」内には、「TOEICテスト究極の模試600問/ヒロ前田」、「スッキリわかる日商簿記3級/滝澤ななみ」などの資格検定の問題集のほか、各大学の関係者の著書や地域に関連した本もランクインしています。各大学の「Book Best 10」の詳細は、全国大学生活協同組合連合会のホームページに掲載されています。

出典:【全国大学生活協同組合連合会】Book Best 10 全国10生協の書籍部で、今売れている本のベストテンを紹介します。

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。