研究成果の記事一覧

ALSモデルマウス樹立に成功、発症メカニズムの核心解明 慶應義塾大学

 慶應義塾大学医学部内科学(神経)教室の鈴木則宏教授らの研究グループは、筋萎縮性側索硬化症(ALS) […]

マウス精巣に発現の遺伝子、7割は生殖に必須ではない 大阪大学が発見

 大阪大学微生物病研究所・宮田治彦助教、藤原祥高助教、 伊川正人教授らは、精巣で多く発現する遺伝子を […]

東北大学が、世界で初めて高齢者医療の漢方薬ガイドライン作成

 東北大学病院漢方内科の高山真准教授らのグループが、日本老年学会が作成した「高齢者の安全な薬物療法ガ […]

熊本地震関連の国際共同研究4件を追加採択

 科学技術振興機構は、2016年4月に熊本県熊本地方で発生した熊本地震に関連して募集していた国際共同 […]

光と熱で神経回路を活性化、生きた昆虫の脳に人工的な記憶の形成に成功 筑波大学

 筑波大学大学院生命環境科学研究科の古久保-徳永 克男教授と大学院生で日本学術振興会 特別研究員(D […]

難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療法開発 東京大学ほか

 国際医療福祉大学臨床医学研究センターの郭伸特任教授(東京大学大学院医学系研究科講師)らと東京大学の […]

「痛み」の遺伝子多数発見、慢性痛治療への糸口 筑波大学

 筑波大学生命環境系の本庄賢特任助教らの研究グループは、キイロショウジョウバエを材料にした研究から、 […]

肝臓がんの抑制に成功、新化合物で治療薬開発へ 新潟大学など

 新潟大学大学院医歯学総合研究科分子遺伝学の小松雅明教授、斎藤哲也特任助教らは、肝細胞がんが増殖する […]

膵がんと肺がんを悪化させる因子を発見 診断薬開発に期待 大阪大学

 早期発見が難しい膵がんや肺がんなど「難治がん」におけるがん促進因子を大阪大学大学院医学系研究科・菊 […]

千葉工業大学 モンゴル工業技術大学らと成層圏バルーン放球実験に成功

 千葉工業大学惑星探査研究センターは、宇宙生命・宇宙経済研究所及びモンゴル工業技術大学と共同で、宇宙 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 47