がん治療の記事一覧

肝臓がんの抑制に成功、新化合物で治療薬開発へ 新潟大学など

 新潟大学大学院医歯学総合研究科分子遺伝学の小松雅明教授、斎藤哲也特任助教らは、肝細胞がんが増殖する […]

膵がんと肺がんを悪化させる因子を発見 診断薬開発に期待 大阪大学

 早期発見が難しい膵がんや肺がんなど「難治がん」におけるがん促進因子を大阪大学大学院医学系研究科・菊 […]

森ノ宮医療大学が「乳がん」テーマに市民公開講座開催

 森ノ宮医療大学は19日、大阪府立急性期・総合医療センターと連携し、大阪市住之江区の同校で「乳がん」 […]

高感度ナノマシン造影剤を開発、1.5ミリのがん検出に成功 東京大学など

 ナノ医療イノベーションセンター片岡一則センター長(東京大学政策ビジョン研究センター特任教授)と米鵬 […]

金沢医科大学、イーライリリーと共同で難治性胃がんの新規治療薬開発へ

 金沢医科大学とイーライリリー・アンド・カンパニー(本社:米国インディアナポリス)は、2016年4月 […]

世界初 ゴルジ体阻害剤、難治性胃がんへの効果確認 東京理科大学など

 がん研究会がん化学療法センター分子薬理部の旦(だん)慎吾副部長と大橋愛美主任研究助手、東京理科大学 […]

がん再発を阻止するナノテク抗癌剤の開発に成功 東京大学

 がん幹細胞に高い効果を発揮、しかも副作用が少なくがんを再発させない。アスベスト被爆が原因で発症する […]

膵臓がんの新治療法発見 有効性確認は世界初 関西医科大学

 関西医科大学外科学講座の里井壯平准教授らの研究チームは、腹膜に転移した膵臓がん患者を対象に臨床試験 […]

乳がんの浸潤転移・薬剤耐性分子機構と有効薬を発見 北海道大学ほか

 北海道大学大学院医学研究科分子生物学分野の佐邊壽孝教授、橋本あり助教らは、大阪大学と東北大学との共 […]

末期がん患者、最期は自宅の方が長生き? 筑波大学調べ

 「寿命が縮んでもいいから最期は自宅で」と考える末期がん患者が多い中、自宅へ戻った方が寿命を延ばすか […]
  1. 1
  2. 2